MENU

スキンケアは無添加を選ぼう

ビューティブーケ

スキンケア商品を選ぶにあたって、重要となるのが配合成分です。

 

どんなに魅力的な美容成分が配合されていても、肌に刺激を与えやすい合成界面活性剤や防腐剤などが含まれていると、乾燥・肌荒れ・アレルギーなどの肌トラブルを引き起こしてしまう可能性があります。

 

その為、無添加の肌に優しい処方のスキンケア商品を選ぶことで、肌トラブルを引き起こすことなくケアすることができます。

 

一般的に、合成界面活性剤などの化学合成成分が配合されているスキンケア商品は、多くの消費者にお手頃価格で購入してもらうために配合されています。
又、美容効果を早く期待できるように配合されています。

 

しかし、人工添加物は必要以上に角質や皮脂を落としてしまう可能性があります。
その為、長期間継続して使用することで、肌への刺激や負担が蓄積して肌トラブルを引き起こしやすい敏感肌になる可能性が高まります。

 

一方、無添加のスキンケア商品は、合成界面活性剤・防腐剤・合成色素や香料などの人工添加物が含まれていない為、肌に刺激や負担が少なく肌トラブルを抑えることができます。

 

特に乾燥肌や敏感肌の方は、低刺激な無添加のものを選ぶことで、肌に負担をかけることなく保湿ケアを行うことができます。

 

クレンジング・洗顔料・化粧水・乳液・クリーム・オイル等のスキンケア商品を無添加にすることで、肌への負担や肌トラブルを軽減・なくすことができます。
3年後・5年後・10年後の肌状態を考えるのであれば、無添加スキンケアを選ぶことが大切になります。

 

無添加のものを選ぶことで、肌の生まれ変わりと言われるターンオーバーを妨げずに、肌の自己保湿力や自己治癒力を高める効果を期待することができます。

 

肌のターンオーバーの乱れは、乾燥・シミ・そばかす・ニキビ・敏感肌などを引き起こしやすくなり、ターンオーバーを正常化しない限り、改善の遅れや繰り返し肌トラブルを引き起こす原因にも繋がります。

 

ターンオーバーの乱れや肌トラブルを予防する為にも、スキンケア商品購入の前に合成界面活性剤・防腐剤・合成色素や香料などが含まれていない無添加のものかどうか、しっかり確認した上で購入するようにしましょう。